マレーシアのインスタントラーメン

マレーシアのインスタントラーメン

やるなマレーシア!

 

噂によると少し前日本では、マレーシアのインスタントラーメンが有名になったようです。

 

なんでも、世界一美味しいインスタントラーメンの称号を得たらしいです。
それがホワイト・カリーミーです。

 

マレーシア インスタントラーメン 

 

本物はどういうものかというと、実際には、もやし、油揚げ、干しイカ、レバーに見えますが、これは豚の血をゼリー状に固めたモノがのっており、麺は中華麺タイプまたはビーフン、ミックスと選べるんです。

 

それを別添の辛味ペースト(これがカレーの風味)を溶かして各自食べると言うものです。
干しイカの出汁が効いていてそれだけでも美味しいんです。

 

それにかつ、ペーストを溶かすことで、味に深みがでます。
それが1杯約RM4(≒120円)

 

もともとマレーシアはインスタントラーメンが好きな国なんです。
屋台でもインスタント麺をわざわざ使っていたりするんですね。

 

日本のラーメン、焼きそばはもちろん、韓国キムチ味、トムヤム味、中華白湯、ベトナムフォー、、ミーゴレン、ベジタリアン用などありとあらゆるインスタントラーメンが置いてあります。

 

スーパーなどに行くと通路両脇全てインスタントラーメンなんてことも。

 

マレーシア インスタントラーメン 

 

50種類以上はあると思います。

 

一つ一つ制覇してみたいが、5袋入りばかりなのでなかなか試せません。

 

お土産には、日本のメーカーが出しているこちら向けの日本のラーメンが面白いと思いますね。醤油ラーメンに添付の、のりが刻みのりだったりして、これがちょっと面白いんです。

 

前述のホワイトカリーミーの効果はよほどすごいのか、出るわ出るわ 同じようなパッケージと味のニセモノが。

 

マレーシアは皆乗っかり上手です。
すぐに同じようなものがどんどん出てきます。

 

そこで元祖のメーカーが次に出したのは「福建麺」。
マレーシア インスタントラーメン

 

これがなかなか良くできていて、きっとマレーシア(ペナン島)から離れていたら、きっと屋台を思い出すこと間違いなしの味なんです。

 

別添のペーストもしっかりついており、辛味を調節できるようになっています。

 

かなり辛いので私などは半量以下で十分です。
残ったペーストは青菜炒め、鍋などに使えばお手軽な東南アジア料理の出来上がりです。

 

私もインスタントラーメンと思って、舐めてましたがなかなかどうして、やるなマレーシア!って味でした♪

 

 

 

 

マレーシア 母子留学