マレーシアの生活情報 市場

マレーシアの生活に欠かせない市場

 

生きてるのと、生きてないの。

 

マレーシアで生活するとなると、スーパーだけでも何とかなります。
でもやはり新鮮なモノを手に入れたいなら市場になるでしょう。

 

一般的にWet Market(水で濡れている所から来ているらしい)と言われる市場
公共で認められたものと、屋台的に自主営業しているものとに別れます。

 

さてそのWet Maraketに行くと、こんな風に食材が山積みになっています。

 

マレーシアの生活 市場 

 

日本のスーパーのパックに慣れ親しんでいる人には、ちょっと引くかもしれませんね。

 

ありのままの姿で置いてあるます。

 

「鶏、1羽ごと買うの?」

 

と聞かれたことがあります。

 

もちろん1羽可能です。
半羽、もも、胸、手羽、内臓、好きな部分を指定しても買えます。

 

自分で好きなモノを選んで、そばにあるカゴに入れて、切り方を指定すれば下処理してくれます。

 

手を洗うバケツも傍らにあります。

 

但し、日本のように丁寧とはいかないので、念のため。
もしも、触りたくなければ指差しでも購入可能。

 

しかし、異国の地
「もしかして、私高く売りつけられてない?」などと考えるなら、ご安心を。

 

公共の市場には、このようなポスターがつい最近登場しました。

 

 

 

大まかな各食材の単価表です。

 

左が市場(Borong)、右の値段(Runcit)が小売の値段。
ご丁寧に写真もついています。(字が読めない人もいるので。)

 

マレーシアの生活 市場 

 

驚いたのは鶏、生きてるのは1kg RM5.1 処理したのは1kgRM6.3という項目。
さすが、宗教上、お供えに使ったりするだけあって、こういうところが面白いです。

 

買い物をする前に、これをちょっと見て単価を大体覚えておけば、必要とする量を購入するのに役立つと思います。

 

まあ、天候や祭日などで品薄になった場合は、日本と同様、この表どおりには行きませんが。

 

基本このWet Marketは 早朝7時頃から11時頃まで開く所が多いんです。
10時頃に行くと肉や魚が終わっていたりすることもあります。

 

また、場所によっては夕方15時以降開く市場もあります。

 

午後開く市場は、その日朝揚がった魚介類が新鮮。
市場もそれぞれ特徴があるので、是非色々回って、自分の好みの市場を見つけて下さい。

 

結局は、行くのが面倒で、家から近い所で妥協する日々。

 

 

 

マレーシア 母子留学