マレーシア 生活

マレーシアの生活に欠かせない万能(?)ビニール紐

マレーシアの生活に欠かせない1巻!

 

マレーシア ペナン島、毎日暑い暑い日が続いています。
日中の気温は30度越え、最近は湿度がとても高く感じます。

 

さて、マレーシア全土に言えることだと思いますが、ライフライン、特に水周りに関しては日本に比べると、非常に弱いんです。

 

以前にも書きましたが、上水道はとても安い。

 

一ヶ月で家族4人程度ならRM15前後(≒450円)でなんとかなります。
下水道に至っては一般家庭であれば3ヶ月でRM24(≒720円)。
毎日シャワーを何度も浴びるのもうなずけます。

 

しかし、マレーシアに住んでみて解ったことがあります。

 

それは水周りの異常な弱さ

 

大体洗面台、台所の排水溝のタップはこの形です。

 

マレーシア 生活 

 

日本のような臭気が逆流しないような構造にはなっていません。
シンプルな直線型が多いんです。

 

そして、このタップはプラスチック製。
このタップ、大体1セットRM10(≒300円)程度でスーパーや、金物店で購入できます。
しかしこれ、どの配管にもピッタリするわけではなんです。

 

そこで下写真の防水テープの登場です。

 

マレーシア 生活 

 

これを継ぎ手の辺りでグルグル巻いて、なんとか口径を合わせるのです。

 

かなり強引な感じではありますね。
ちなみに、1巻きRM1前後(≒30円)で購入できます。

 

そんな感じで処理してあるので、非常によく水漏れを起こします。

 

私も初めて遭遇したときはどうしていいかわかりませんでした。
なので水道修理の人を呼んでもらっていました。

 

が、マレーシア。

 

「今日の2時頃行く。」と約束をしたとしましょう。

 

  • 2時きっかりに来る人はまず1割程。
  • 2,3時間以内に来たら、時間守るね。
  • その日のうちに来たらすごいラッキー。
  • 2日後の2時に来たら、ああ良く来たね。
  • 1週間以内に本当に来たら、よく約束覚えていたね。

 

そんな感じなのです。

 

いつ修理に訪れるか、解らない修理人

 

その横で、水が漏れ続けます。

 

そんな事態にならないためにも、是非一家に1巻きこの防水テープを備えておいて頂きたい。
大概の水漏れ修理は、継ぎ手の辺りをこれでグルグル巻いておけば応急処置はできます。

 

RM1で買える安心と思えば、安いはずですね。

 

 

 

 

マレーシア 母子留学