マレーシアのさまざまな英語留学

マレーシアで親子留学やサマースクールに備える

 

親子留学や母子留学といった言葉が聞かれるようになったのは数年前のことで、特にマレーシアのジョホールバルはメデイアでも取上げられ話題になりました。

 

マレーシアはイスカンダル計画といった国家プロジェクトがあり、ジョホールバルは教育産業の重要な地域として指定された政府肝いりのエリアがあります。

 

マレーシアの公用語はマレー語と英語で、華人の子ども達は中国語の標準語に加え先祖の出身地の?南語や広東語、客家語などのいずれかを話せます。

 

マレーシアのジョホールバルやKLの名前で親しまれているクアラルンプール、ペナンには、外国人も通えるインターナショナルスクールがあり、日本人や韓国人の子ども達もいます。

 

多言語教育に適した国なので、国際人として子どもを育てるのであればおすすめの国だといわれています。

 

子供向け英会話教材7+BILINGUALの申し込みはこちら

家庭で英語環境をつくることが英会話力を伸ばす最重要ポイント

 

報道はやや大袈裟に取上げられていて、ジョホールバルのイスカンダル計画に指定された地域でのマンションの投資は、ほかの国との比較しながら検討されてみて下さい。

 

多数の中国系の人たちのマンションの購入はいいものの実際投資目的なので、住居率が低い物件があります。

 

日本人の海外駐在員が暮らす場所では、生活に便利ですがマネーゲーム対象の物件ではそうでない場合があるので、より過ごしやすいマンションを選ぶのが賢明でしょう。

 

それでもジョホールバルは日本の物価の2分の1で、シンガポールは通勤圏なので、親子留学にとってお母さんの仕事探しや生活に便利な街です。

 

当初は教育をメインとした生活でもランドリーサービスや屋台文化があるマレーシアの生活は、時間が十分ありますので仕事をしたくなります

 

シンガポールは先進国なので、ほかの東南アジアの諸国と違って単純労働の雇用を守る法律がないので、選択肢が広く正社員の仕事もバイトも両方見つけやすいです。

 

国際人を育てるのに適している多言語国家のシンガポールやマレーシアですが、バンコクのように日本人学校のレベルが高いところでは、そのまま海外駐在員の家族で暮らすケースが多いです。

 

英語教育に子どもの頃から力を入れるにはサマースクールもあり、行きなり外国へ行くのに抵抗がある場合は、日本にも同様のプログラムを実施している語学学校があります。

 

サマースクールはアメリカのサマーキャンプから英語学習をメインにしてプログラム化されたものなので、自身の好みや目的に合わせたものを選んでみてください。

 

小さな子どもから高校生まで参加でき、アメリカのサマーキャンプはアウトドア関連のアクティビティ 体験やボーディングスクール下見ツアーが含まれたプログラムがあります。

 

海外駐在を予測して親子留学に行くケースも多く、現地の生活事情を知ることにもなるので、実利に叶った夏休みの時間を過ごすことができるでしょう。

 

 

親子留学に行く前にはできるだけ日本で英語力をつけておくことが現地でよりよい学校に行けるポイントです。

 

英語留学を考えたらぜひおすすめしたい英語教材がこちらの短期集中型子供の英語教材です。留学前に時間のないお子さんにすぐ始めてあげて下さい。

 

 

子供向け英会話教材7+BILINGUALの申し込みはこちら

家庭で英語環境をつくることが英会話力を伸ばす最重要ポイント